Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Amsterdamで曲作ってみた。

前回はkorg gadgetのTOKYO縛りだったけど、今回はAmsterdamのみで作ってみた。

 

https://soundcloud.com/beatnicster/amesterdam-gadget-only-kiss

 

Amsterdamは、やっぱりヒップホップかなーって音源のイメージもあり、そんな曲を作ったのでした。

基本はAmsterdamにあるサンプルを刻むように曲作り。これだと、最終的にどこに落ちるか検討はつかないんだよな。

ドラムサンプルの切り刻み作業は、そんな難なく。例えば、キックとスネアとハットが同時に鳴るものを音域で加工すると、独特な質感出るー。あっ、結局ビット落とししてなかったや。まあいいか。

ベースでコードの流れを作り、他の上物でコラージュっていう感じ。キーを変えるのはやっぱり苦労するな。

gadgetのドラム系デフォルトのTokyo、London、Amsterdamのうち、プレイバックサンプラーのLondon、Amsterdamはまあ、機能はほぼ似てて、後は中身勝負というところが近い。まあ、AmsterdamはちょっとだけLondonに劣るけど。しかし、Amsterdamだけで、ドラムトラックを作れるというのは意外だったな。